ぎっくり腰を繰り返す原因

一度ぎっくり腰を経験した人なら二度と繰り返したくないぎっくり腰。

しかし、再発率がとても高い疾患の一つ。

 

ぎっくり腰を繰り返す理由を簡単にまとめてみました。

いつも同じ場所に負担がかかっている

仕事や家事、生活習慣、歩き方や座り方、癖を治さないと、いつも同じ部分に負担がかかっています。

その場所に疲労が蓄積し、再発する場合があります

 

変にかばいすぎている

腰痛

例えば前にかがんだ瞬間にぎっくり腰をした場合、再発する不安から自然とかばって動作をしています。それが普通になってしまうと本来の動きが出来なくなってしまいます。

洗顔の時とか特にです。

かばう動作を続けていると同じ部分にばかり負担がかかり、動きに制限がかかり、ある時ぎっくり腰を再発する恐れがあります。

精神的なストレス

ぎっくり腰の原因の一つとして『ストレス』が挙げられます。

それはなぜか?

実はストレスを感じたり、受けたりすると自律神経の働きが乱れ、血管が収縮します。それにより、全身の血行が悪くなりそれが継続的に続くことで、十分な栄養分が届かなくなります。

結果ぎっくり腰が引き起こされます。

ここでご自身の体の歪みを治すチャンスかもしれません

日頃デスクワークなど長時間同じ姿勢をとっているのでしたら、定期的に柔軟や姿勢を変えたりしましょう。

 

変にかばって動作をしているのでしたら、少しずつでいいですから自然な動きを心掛けてみてください。毎日コルセットに頼りっきりでしたら、数時間外してみる。

 

ストレスになるってことは常にそのことを考えているからでもあります。

ご自身の思考をちょっと変えてみたり、プラスに考えることで必ず変化していきます。

 

あとは定期的に体の歪みを整えさえすれば、良い状態がキープできるでしょう。