【腰椎分離症】サッカーが満足にできない高校生

こんにちは。

千葉県柏市の南柏駅徒歩2分にあります、シンメトリー柏整体サロンの久慈です。

紐けれなくてよかった・・・・

さて、今日は「腰椎分離症」について。

中学、高校生の特に運動をやってるこに多い疾患の一つ。

 

 

僕の母校の後輩が来てくれました。

入学前に腰をトレーニング中に痛めてしまい、日に日に痛みが強くなり検査をして分離症と診断され2ヶ月間練習を休んでリハビリをしてるものの一向に改善する気配がなく、いろんなご縁で当サロンに来てくれました。

 

選手生命まで脅かす疾患で、3年間痛みが取れず引退する選手もいるくらいです。

 

炎症があるうちは安静にし、その後、ストレッチ、筋トレ、マッサージなどの対処が一般的です。

 

しかし、それで良くなる選手は非常に少ないのが現実です。我慢できず無理してプレーして更に悪化させてしまうケースも耳にします。

 

 

 

分離症という症状名に惑わされないでください

分離症と聞くと骨が分離してしまい、その分離した部分が痛みを出してると思われがちですが、実際はそうじゃない

 

一度分離してしまったら元通りくっつくのは極めて稀ですが分離したことは気にせず痛みだけにフォーカスしてほしい。

 

痛みの原因は、

痛みが出ている周囲の筋肉や靭帯が過度に緊張しているから。

 

ちょっと考えてみてください。

分離してたら炎症が治まらず、いつまでたっても痛いはずです。

子供の頃分離症と診断され、その後いつの間にか痛みを感じなくなった人はたくさんいらっしゃいます。

 

なので、もし、分離症と診断され、いつまでたってもトレーニングや部活に復帰できないようでしたら、ぜひシンメトリー柏整体サロンまでご連絡ください。

 

ちなみにこの選手は3回目の治療でボールも蹴れるまでに改善し、負荷のかけたトレーニングもできるまで改善しています。

腰椎分離症について詳しくはこちら

腰椎分離症

この記事に関する関連記事